きみらしく- ADHDと仲良くいこう

興味のままに不注意を携えて動き回る、そんなうちの子はADHD代表選手の一人です。彼を育ててるからこそ見えてきた世界、そこから感じた色んなこと、伝えていけたらと思います。

もんちっちの劣等感

もんちっちが抱えている劣等感というものを、最近初めて知りました。

 

今までは、もんちっちが言語化して自分の考えを話すことはあまりなかったので

どう考えているのかは分かりませんでした。

 

どうやら、もんちっちの居心地の悪い場所は、保育園らしいです。

保育園時代というべきなのか。

 

何故かというと、英語で話さなければならなかったから、だそうです。

 

これは、インターに入れてしまった私に責任があります(T-T)

 

幼い頃は、今よりもっとADHDらしさが全開でした。

好きなことのみ集中!聞こえていても、ほとんど聞いてない状態。マイワールドでひたすら興味あることをやる!

 

だから、もんちっちは英語のレッスンを最初の方は全く聞かなかったんです。

日本語でさえ、ほとんど指示を聞いてないのに

英語を最初から聞いてなかったことで

余計にわからないとなったようで。

 

お話ししたいのに、わけのわからない言葉を使わないといけなくて

楽しくなくて、そしてレッスンは聞かない。

悪循環でした。

こんなことの繰り返しで同じスタートをきったお友達より英語の力は随分と遅れをとることになり。

 

お友達は好き。先生も好き。

だからどうにか過ごせて、私はあまり気にしていませんでした(T-T)

年長になると英語も保育園児レベルでの会話はできるようになって遊んでいたし、

もんちっちのペースで頑張ったと思っていました。

 

今回、夏のサマースクールはどれくらい行く?なんて話しをしたら

行きたくないなぁと言い出したんです。

 

 サマースクールは、卒園した保育園が夏休みの間、卒園児に向けて開校してくれていて

7割くらいの卒園児がきています。

 

なぜ行きたくないのかきくと

 

『保育園では、僕はダメな子だったから。

今も、英語はやっぱり得意ではないし

友達とは遊びたいけど

英語だとまたダメな子になる。嫌な自分を思い出す。

言いたいことが言えないのは嫌。』

そんなことを言いました。

 

そっかぁ。

そっかぁ。

 

そんなふうに、感じてたんだな。

 

ごめんね、もんちっち。

 

サマースクールには、行かないことにしようかと話しをしました。

 

卒園してからずっと、もんちっちのために保育園の先生はプライベートレッスンをくんでくれています。

みんなとのレッスンはせず、短い時間にしてプライベートレッスンを卒園してから続けてきました。

文法とか、なぜそうなるのか理由を日本語で説明して理解するほうがもんちっちには合っているし、彼も楽しいと思うと先生たちは、もんちっちに合わせたレッスンをしてくれています。

その理由を、話す時がきたともんちっちに説明してみました。

 

『今、みんなとレッスンせずに○○(保育園の先生)と、プライベートレッスンしてるでしょ?あれはね、先生が、ママに言ってくれたからだよ。

もんちっちは、できない子じゃない。小学校に行っても英語を続けさせてやって欲しい。絶対、いつか英語がもんちっちを助けてくれる時がくる。だからお母さん、もんちっちをここに連れてきてやってねって。ママは先生にそう頼まれたの。』

 

もんちっちは、うぇーんって言いながら泣いていました。

嬉しいって。

先生のことは大好き、これからも、プライベートレッスンは行く、と。

 

辞めたいなら、辞めてもいいと私は思ってます。

 

だけど、英語はもんちっちのことを苦しめたかもしれないけれど

インターのおおらかなところは、もんちっちにとって必要な場所だったとも思うんです。

多様性というものが当たり前のところで

ネイティブの先生たちは、彼はとても面白くでユニークな子どもだと言ってたくさん彼と遊んでくれて、私にもたくさん彼の面白さを伝えてくれた。

みんな同じじゃなくていい、なんて、そんなこと言わなくてもそんなの当たり前のところだった。

 

そして、もしもんちっちにとって

このきっちりた日本の世界がしんどいのなら

いつか世界を見て欲しいと願っている私もいる。

大きなことをするとかでなく

好きなとこで、自分の合う空気の世界で

自分らしく生き生き過ごせる世界で

好きな仕事をして働いてくれたらいい。

 

そのとき、英語は、外の世界へのもんちっちのハードルを下げてくれるんじゃないかと

そんな淡い期待もある。

 

だけど、それは幼いもんちっちに分かるはずもなく、私の勝手な考えでしかありません。

 

もんちっちは、一度できない自分と向き合っていたんだなぁ、そんなことを知り

心がきゅーんとなった出来事でした😔

テニスでオリンピック選手になって優勝するのが夢らしい( ̄∀ ̄)

最近も、もんちっちの世界はテニステニステニスです。

 

テニスは気持ちいい!

 

打った時、すっきりする。

 

全部吹っ飛ぶ、と言います。

 

最近は、ボールとラケットを使って小技を習得するのにもハマっています。

 

こんなにテニスが大好きなのに、なぜかトップ選手や他の選手の試合は見ません。

錦織選手やフェデラーナダルジョコビッチ、顔は知っていますが

私がテレビにかじりついて観戦していても、もんちっちは全く試合を見ない。

隣でマイクラしています。

自分でするのは楽しいけど、見るのは今のところそんなに楽しくないのかな。

 

だけど、動画で見つけたまた抜きショットとかはすごい念入りに何回も見てました。笑

たぶん、できないのにいつか真似してやって痛い目に合うだろうとママは確信しています( ̄∀ ̄)

 

でも、そういえばもんちっちは動画でみた逆立ちブリッジ?を6歳くらいから真似し始めて

何回も繰り返し練習していつのまにか完成させていました。

あのしつこさでやればいつかは出来るようになるのかもしれません(・∀・)

そういう、これ!と思ったものはひたすらやるのです。

危なかろうが、関係なし。

 

逆立ちブリッジの次は、立った姿勢から後ろにブリッジして回転して立つ、みたいなのをこれまた習得して。

もう前にも後ろにもくるくるくるくる回るようになりまして。

身体はもともとすんごい柔らかいんですが、中国雑技団みたいになり。

うつ伏せに寝転んで、自分の頭を後ろから両足の裏で撫で撫でしながらテレビみてたり、ホラーです。

 

小学校の廊下では連続逆立ちブリッジで進んでいたらしく、禁止令がでていました( ̄∀ ̄)

そういえばスーパーでも、デパートでも道路でも、どこかしこでやっていた時期がありました。

本当に迷惑でした。

 

先日、学校へ寄った日に、小学校の短冊にそっと書いていた願いごとを、保健室の先生が教えてくれました。

 

『テニスのオリンピック選手になって優勝できますように』

 

そう書いて、叶うよう手を合わせて祈っていたとのことです。

オリンピックに出るとか、選手になるとか、男の子あるあるですが、もんちっちがそんなふうに願いや夢を書いたのは意外でした。

 

学校にいても、頭の中にテニスがあるってことは、彼にとってよっぽどテニスが大好きなんだと思います。

彼の頭の中はいつもコロコロ変わって忙しいはずなので( ̄∀ ̄)

 

だけど、もんちっちのテニスには、波があります。

集中してる日と、してない日では別人です。

コーチはよく見抜いていて、集中していない日はあまり何も言いません。

そんな日には言っても入らないのが分かってるんだと思います。注意も最低限の注意のみです。

集中している日には、たくさんアドバイスし、できたら褒めて、もんちっちをいい気分にしながら乗せています。

 

『集中した時は、少々タイミングが遅くなっても合わせてこれる。ダメな日は、集中してないだけ。まずはレッスンで集中力が続くようになることが今の目標!』

 

そんなふうに言われていました。

 

もんちっちの望む選手コースへの道は、このあたりがまずはクリアできなければ

まだまだ難しいはずです。

まだまだ週2回のレッスンです。選手コースに行くには、コーチから声がかからなければいけないのです( ̄∀ ̄)

声がかかるのを、もんちっちは楽しみに練習しているんです(^○^)

いつかいけるといいね!

 

大きすぎる夢でも、自分で選んだ夢をもつことはとっても大事だと思う!

頑張って👍

幼少期の振り返り①スイミング編

幼少期の多動な日々をちょっとずつ振り返ります。

前にも書きましたが、

もんちっちは年少さんの頃、

スイミングに行き始めました。

 

有り余るパワーをどこかで消費したいと私が願っていたからです。

 

スイミングのプール自体は抵抗なく、すんなり入って楽しんでくれたのですが。

 

まず大変だったのが体操の時間。

 

小さな部屋で級ごとに並んで、準備運動をする時間です。

部屋に入ると、とりあえずまず走り回ります。

ひとしきり動いたあと、部屋から出ます。

この時間が本当に苦痛でした( ̄∀ ̄)

ギャラリー席に行ったり、受け付けのカウンターに行ったり

椅子に座ったと思ったら立ち上がって椅子から飛び降りたり。

自販機を見ればジュースやアイスを買いたいと言い、

プールが終わったらねと言い聞かせても今がいい!と納得せず駄々をこね。

 

ほかの子は、コーチと体操をしていて

ママたちは座ってそれを見ている時間。

もんちっちは動き回って、私はそれを追い回す時間。

追いかけたら余計逃げるように走り、だけどどこかに行ってしまったら困るから放置もできず。ぶつかったりと迷惑をかけた人に謝って、叱ってもまた繰り返す。

早く時計よ進め、体操よ終わっておくれ

彼をプールに連れてってーと時計の針を何度も何度も確認する時間でした。

よく、頑張ったなぁ私。笑

 

体操の時間の様子をよく見ていると、大きな声でみんなが

いちにーさんしーごーろーくしちはち

と数えいる時、耳を塞いで嫌がっていることもありました。

大きなわめくような音が不快だったのだと思います。

これに関しては、ずっと毎回ではなかったし、年中さんくらいには気にしなくなっていました。

自分はもっとうるさいのになんて私は思っていました(・∀・)

 

体操が終わってプールにみんなが移動し始めると、ようやくコーチに託すことができ、やれやれやれやれ、やれやれーーーー!

と、1時間のつかの間の安堵の時間を手に入れられました。笑

 

プールの中でも

もちろんもんちっちはもんちっちです。

順番を見ていないとか、次に何をするか説明を全く聞いていないとか、

列に並ぶとお友達とじゃれ合い出すと、全く周りが見えなくなったり

もしくは、ひたすら一人で潜りっこしてたりとか。

窓ガラス越しのギャラリー席にいても

『もんちっちーーー!』と何度もコーチが呼ぶ声が聞こえてくるほどで。

自分の世界でひたすら水と遊んでいました。

コーチは大変だったとは思いますが( ̄∀ ̄)

 

そんな大変なスイミングも、年長の頃には

一人列に並び、体操をして、話しは聞いてないながらもみんなと同じような動きができるようになっていました。

 

突然成長するわけではないけど、少しずつできる日、できない日を繰り返しながら

できるようになっていった、そんな感じでした。

 

4年半ほど習って一年生の春にスイミングは辞めましたが、

今年の小学校の水泳では、泳ぎの見本をさせてもらったらしくとっても嬉しそうでした。

 

もんちっちは、自分を見つめることが苦手なのではと思います。

どちらかというと、自己評価は低い。

できることも、気づいていないというか、

できていてもにあまり自信がないし

できないことは特に強調されて感じているように思います。

スイミングでも、クロールが停滞したときからやる気をなくし、水泳は得意ではないと思いこみ、水上を浮遊ているのかというような気の抜けた練習をし、やっと合格したことを機に彼は迷いなく辞めました。

 

これは、もんちっちの気持ちだけの問題ではないようで、身体がどう動いているとか、どう動かせば良いという感覚が分かりにくいから余計に水泳が上手くいかなかったようです。

発達の先生が仰ってました。

 

なので、今回学校で水泳の見本になれたという明らかな事実によってようやく、

僕は意外と上手にできるんだ!と感じたみたいで。

 

スイミングも、もう一回行こうかななんて

調子のいいことを言っています。

 

そんな簡単に辞めたり戻ったりは私的には無理ですけどね( ̄∀ ̄)

 

こうして振り返ってみて、あんなに大変だったことも少し忘れていた自分に気づきました。

 

確実に成長しているんだなと。

大変なことも、笑いに変えて

これからも乗り越えていくしかないなぁ(^○^)

 

 

僕は賢くなりたい

やっぱり、何かが変わった。

 

昨日も、学校から帰って習い事に行くまでのたった20分を惜しんで宿題をすぐに終わらせてたらしいです。

学校から帰ってから、もんちっちたちはおばあちゃんの家で過ごしているのですが

おばあちゃんやおじいゃんも、

いい子すぎて気味が悪いわぁ

というほど

素直にさっさとお勉強を始めるらしいのです( ̄∀ ̄)

 

それにね、今まですごく簡単なミスがちょこちょこあったんです。

やっつけ仕事でやってるから漢字も汚くて。

 

私が仕事から帰って見直しをすると

直しが少しあって、ちょっとやり直すだけなのに

えーもうめんどくさいからいいやん!

とかなかなかしない。

直しだけでも大変だったのに

今はその直しも、全然ないんです。

計算は全部合ってるし

漢字の字も、同じ大きさで最後まで乱れなくなった。

不思議。

本当に不思議でしかなくて。

 

もんちっち、すごいねぇ。なぜそんなに頑張ってるの?ママびっくりなんだけど!?

 

ってききました。

 

なんともない顔して

『大人になったとき、計算とかめちゃくちゃできて、賢くなりたいから!算数が楽しくなってきた!』

 

とのこと。

 

これは内発的動機なのか!?

 

だったら、いいんだけど。

 

もし、頑張ったらママが喜んでたし!先生褒めてくれるし!

とか、そんななら

頑張らなくてはならないことがいつかストレスにならないかなぁなんて

あまりの変貌ぶりに不安にさえなっていましたが。

 

正直、本当にわからない。笑

 

僕は賢くなりたい

 

そういう子どもの心理って

どういうものからくるんだろう。

 

周りが見えてきたからなのか

自分と向き合ったからなのか

単純に、勉強が楽しいのか。

 

なんなんでしょう。

 

これだけの変化を短期間にするってことは

たぶん反対もありえる。

そう思っています。

 

今まで色々ありすぎて、単純に喜べない心理、私の自己防衛なのかな。

そんな深く考えることではないのかもしれないけれど、

いやぁ、不思議です( ̄∀ ̄)

ADHDを治療するアプリゲーム!?

すごいニュースに、今更ながら気づきました!

塩野義製薬さんが、ADHDASDの子どもたちを対象に、アプリゲームで脳の活性化を狙う治療を準備しているみたい。それも、一部はもう臨床試験も終わっているとか!

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00010004-huffpost-bus_all

 

脳の前頭前野を活性化するようなアプリゲームになっているらしいです(^O^☆♪

 

私的には、これはすごく期待したい✨

 

薬で脳の活性化を狙う治療薬ももちろんあるわけで、合えば効果があるのはよくわかるんですが

やっぱり薬で刺激してるから薬剤が効いてる間だけの効果なのだろうし

根本的な治療ではない。

 

それに、薬により脳が活性化されたら

脳自体の頑張りはどうなってくのかな?とか。

薬剤への耐性とかそんなものはどうなんだろう、とか。

 

単純に不安もあり、子どものことだから、慎重になる。

自分で決定できない年齢だし、薬剤による治療となると私は悩むだろうなと思うんです。

 

まだお薬をすすめられたことはないのですが、

もしもんちっちにお薬をすすめられたら、それは専門家であるドクターが必要と思うタイミングなのだし、じっくり必要性とリスクを聞こうと思っています。

そして何より、本人が毎日しんどいんだと言うなら、それは内服を後押ししようと決めていました。

 

だけども、アプリゲームで本当に脳が活性化するのなら

いわば脳の筋トレみたいなもんですよね!?

 

副作用も、きっとすごい少ないだろうし。

こんだけゲームしてるんだから、ゲームによる影響とかはまぁ、とっくにあるわけだし。

 

アプリゲームとは。

そんなことができるのか(o^^o)

現代ならではの治療。

面白すぎる。凄すぎる!

研究してくれた人、最高!ありがとうございます(*´꒳`*)

 

そして、ゲーム大好きなADHDっこはたくさんいるだろうから、絶対合うんじゃないかなって。

効果が確認されたようだし

やってみる価値のある、最高の治療になるんじゃないかな(^○^)

 

不注意やワーキングメモリの改善に良いみたいなことも他の記事に書いてあったから

認可されたら絶対に試してみたい(*´꒳`*)

 

こういう研究が、たくさんたくさん進むといいな。

突然の成長そして褒められ期のあとはどうなる?

最近、妙にもんちっちは褒められるんです。

 

それも、

先生がわざと意図して褒めてくれている訳ではなさそうなのです。

 

こんな状況になることは、もんちっち史上初めてのことなので

褒められ期のあと、いったい何が起こるのか

そっちをすでに心配してたりします。笑

 

まさに、経験したことのない領域

新しい局面が今きてます。

 

褒められるといっても、

他のお友達が当たり前にしていることができているだけではあります( ̄∀ ̄)

 

すぐ次の授業の準備をするとか

朝は連絡帳をまずは書くとか

宿題の訂正はすぐ直すとか

姿勢を正して指示を待つとか。

2年生にもなれば、みんなにとっては当たり前の毎日の流れの中での決まりごとなんですが

もんちっちにとっては全部苦手なことでした。

 

興味関心のままに行動をチョイスしてきたもんちっちなので

次のことを考えて今すべき行動を選んだり、

周りを見て、同じ行動をとること、

なんて

超ハイレベルな課題だったわけで。

 

そういうことができるようになってた。

それもなぜか、急になった。

 

いやぁ、びっくり。

 

実はなんとなく、私も変化を感じていました。

例えば、先週名札をつけ忘れて行ったとき

帰ってきてふと

「今日名札忘れたから、ちゃんとわかるとこに置いといて」

なんて言ってました。

こんなこと、なかったんです(T-T)

耳を疑いましたもん( ̄∀ ̄)

 

今までなら、忘れ物をして指摘されても、帰ってきたら忘れたことすら忘れてましたから。

 

そして、細かなところでは

帰ってすぐ、宿題をする。

それも20分で終わる。

漢字ノートの日付を自分で書くようになった。これまた先週から。

日時、曜日もちゃんと覚えてるし。

今までは、抜けてるよ!何日、何曜日よ!

と言わなきゃ気づきませんでした。

そして書くのさえ面倒くさがりました。

鉛筆も、いつもいつも私が夜中チェックして削ってやってたのが

自分で削って用意するようになりました。

 

尖ってないと書きにくいからな。

なんていいながら。

 

細かなことに注意が行くようになって、

ワーキングメモリが、なぜか飛躍的に改善している。

 

このあたりを感じています。

それも

先週から。笑

 

なんで、こんな急に成長するの??

 

これも謎です。

 

先生も、よっぽどの衝撃なのでしょう。

毎日連絡帳に

今日も素晴らしかった!

立派でした!

の連続。

補助の先生までも、

先生もそう思います!

とハートマークハナマルつき。

 

私も、

宿題のお返事カードに

今日も言うことなし!

すごい!

 

こんなやりとりが

先週から。笑

 

何が影響してるんだろう。

本当、影響要因について研究してみたいくらいです。

わかれば、ものすごい研究結果を報告できるはずだわぁ(^∇^)

 

たまにしか、彼らは褒められることはないので

いっぱいいっぱい、先生たちも褒めてくれているのだとも思う。

 

新学期、厳しい先生に不安を感じたけれど

もんちっちの成長を私が信じてなかったのかもしれません。

 

一年生のときの、穏やかにすべてを包んでくれて、そのまんまを受け入れてくださる先生から

二年生では、規律やルールの大切さを厳しく指導する今の先生になり

結果良かったのかも。

 

ステップをふんで

階段を一つ上がって挑戦できたのかもしれません。

 

様々な価値観の中で育つことは

大切なんだと学びました。

 

居心地が良いところだけが、彼に必要なわけではないこともよく分かりました。

 

何よりも、自分の努力でできるようになり、みんなが評価してくれること、これにより彼の自尊心や自己肯定感が高められているととても感じています☆

 

そういうものが、次の問題を超えるとききっと必要になるはず。

 

私が一つ、もんちっちの成長の理由として考えられるなと思っているのは

自分より困っている人をもんちっちは見つけたのかなと思ってます。

あの近所のお友達だったり

もんちっちのクラスの気になるお友達だったりです。

多動で問題がわかりやすい男の子は一年生から困り感が見えてましたが

女の子たちは今の時期、なんだかいろいろとありそうな気がします。

クラスの中のことはあまり知らない私がわかるほどなので

もんちっちは、何かあるんだとわからないなりに気づいているみたい。

休みがちな女の子のお友達のこと気にして

今日は来てくれてん。嬉しいからすぐ声かけた!

とか、言ってました。

守る人がいたら、成長するのかな。

 

いつも心配ばかりだけど、今はちょっと拍子抜け。笑

 

褒められ期のあと何が起こるか!

検証していきます( ̄∀ ̄)

発達障害とは何なのか

そもそも、発達障害の定義はものすごい難しいものですよね。難しいというより曖昧。

いくつか定義をみてみましたが、定義としてはその表現を大きくするしかないんだろうなと思いました。

 

脳に機能障害があって、決められた項目に当てはまるなら診断しましょうか

みたいなものと勝手に理解しています。

 

実際、頭のMRIとかとって診断した人なんてほとんどいないだろうし

そういう点でも科学的な根拠としてはまだまだ未知の部分が多いような気がして

他の病気の診断とは明らかに違う。

症状を頼りに、人間が作った知能検査などの検査に沿って診断がなされる。

 

このライン、この特徴、尚且つ生活に支障をきたすようなら障害と診断する、みたいなイメージかな。

 

診断名も、専門家による研究の積み重ねにより、わかりやすく症状をグループに分けた、そういうものだと思うんです。

実際、分類の仕方も呼び名も少しずつ変わってますしね。

 

まだまだ研究が進んでいないのは、脳機能が複雑で、ひとりひとり症状も違いすぎるから。そんなところかな。

 

結局は、どれだけ支障をきたしているのかが重要なポイントになるんだと思います。

 

そして、そういう曖昧なものだからこそ

診断されても悩みは尽きない。

 

もしかしたら、診断の時、大きなショックを受けた人も多いかもしれない。

私も、我が子にADHDと診断されたときある程度の感情の動きはありましたが

そこまでのショックではなかった。

 

だけど、どこまでいっても

ADHDに対する思いには波があると感じています。

 

うまくいっているとき、つまりあまり支障がないときには

大丈夫だ!なんて思ってみたり

支障が可視化され問題が明確になったときには、ちっともポジティブに捉えられなくなったり。

特に、対人関係がからんだ時のショックは大きいような気がします。

 

それは、本人の症状に関しては慣れのようなものができてしまい、親はそんなものだと感じて対処できてくるんだと思うのですが

他者に迷惑などをかけたとき、どうしようもなく申し訳なく感じたり、不安になったり、本人を不憫に思ったりするんだと思います。

 

他の病気なら、できないことを責められることもないし、周りにスムーズに受け入れてもらえるのに

発達障害に関しては、そうではない。

 

親は、子どもをずっとみてきて

そして専門的な見解を得て、

ようやく子どもの特徴と行動を掴んでいるはずなので

そうではない周りの人々にはいくら学校の先生でも、すぐには理解できないはず。

 

なんでそんなことができないの!

 

そういう言葉がでてきてしまうのも、イライラしてしまうのも十分理解できます。

子どもたちならなおさらです。

 

だけど、

世の中の常識や、人間関係のルールも本当は人間が決めたものだから

実は曖昧なものかもしれない。

それでも、それらが一番必要なものであったりします。

 

もんちっちを育てるまで、私も世の中に何の疑問ももたず生きてきました。

 

普通!というものの価値観に、断固たる自信があったと思います。

 

だけど、完全に私の普通は変わっていって

今は正直わからなくなっています。笑

 

もんちっちを理解したいと思いながら過ごしているうちに

世の中の何が正しいのか、何がいけないのか

そのあたりに疑問さえ持つことも増えました。

 

わかっている、わかっているんだけど

 

言葉にするなら

 

人間の世界は難しいもんだなぁ!

 

という逃げ言葉にしか今はできませんが。

 

これからも、たぶん

その独特の波がやってくるはずです。

だけど、その波の超え方が

上手になってきているという実感もあります。

 

そうやって、私も成長していけてるのかもしれません。

 

私が今わかることは

もんちっちが幸せに生きるには、彼の周りもハッピーでなければいけないはず。

 

自分の子どもの視点と、周りのお友達の視点、先生の視点、それぞれの立場からちゃんと考える。

 

悶々としてしまったときは、そんなことを考えながら、

このなんともいえない曖昧なものとうまくやっていこうと試行錯誤しています。